読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それがノスタルジーへと変わる前に

「音楽やってる人はかっこいい アイドルやってるコはかわいい とか あれから何年が経ったんだっけ 時々自分がわかんなくて それすらも当たり前になって 久しぶりに君と話したいね なんて思ってる 電話はしないけど」

自分にとっての禁断の多数決

2017年3月16日、Shibuya WWWX。

禁断の多数決、実に4年ぶりのワンマンライブ。

 

 

 

 

 

行 か な く ち ゃ ! ! !

 

発表を知って、予定も確認することなくチケットの申込みを完了させていた。

先にライブの予定を組んでからそれ以外の予定を組むという、おたく特有のそれをやっていた。

 

 

 

禁断の多数決を知ってから2年以上、このライブを待っていた。

 

胸を躍らせて、渋谷に向かう。開場。

 

フロアに入ると、そこは僕の知るWWWXではなかった。

ステージとフロアの天井を覆うスクリーン、スクラップでできた3メートルはあろうDJブース、そしてDJブースの左右と客席頭上を覆うスクリーンに映し出された映像。

 

好きな曲は大抵やってくれた。

身体が音の波に揺られるようで、足が地についてないような感じが非常に気持ち良かった。

 

 

もうあの空間の全てが好きだったな。

 

 

f:id:kota682:20170317181841j:plain

 

 

ワンマンが終わって、中村ちひろさんがこんなブログをあげていた。

sahirororo.hatenadiary.jp

 

その中にこんな記述があった。

わたしの入ったわりとすぐ後にちゅうとはんぱはやめてが術の穴から出ました。

【MV】 禁断の多数決『ちゅうとはんぱはやめて feat.泉まくら』 - YouTube

泉まくらさんのラップと大島智子さんが監督をしたMVも相まって、この曲で禁断を知った人も少なくないと思います。

禁断の多数決 - 連絡帳

そういえば、僕が禁断の多数決を知ったのは「ちゅうとはんぱはやめて」がきっかけだったな。

 

禁断の多数決、気になってYouTubeでMVなどを漁るが、調べていくほど、正体がつかめない。

 

アイドル? いや、違う。

MVには女の子が出ているが、MVごとに出てくる子が違うし、男の人(ほうのきさんだと後に分かる)も出演してるしな。

調べてもよくわからなかったから「よく分からないグループ」という雑な納得の仕方をしたのを覚えている。人に禁断の多数決を紹介する時も「曲がすごくいい謎の集団」みたいなこと言ってますね。

 

先のブログでさひろさんがこう言っていた。

禁断の多数決とはなんぞやというのを聞かれた際、一言で「マンション」と表現してます。 ほうのきさんが管理人で、他のメンバーがそれぞれ禁断の多数決というマンションの住人。入居審査はあるけど、入る時期や出て行く時期もバラバラで、中に入ったらなにをやってもオッケー。たまにみんなで集まってお酒飲もうねという感じです。

禁断の多数決 - 連絡帳

この彼女の禁断の多数決についての理解の仕方って、本質的なところを突いてる気がするなと思った。

 

禁断の多数決についての理解だけど、今回のワンマンのDJのセットも一つの手がかりになるんじゃないかと思ってて。

あの照明やコードのスクラップでできたDJブースにはプロジェクターが組み込まれていたのを見た。

ライブは主に視覚と聴覚に訴えかけてくるものだけれど、映像と音楽のどちらもがこの場所が起点になっている、この場所にいたのはほうのきさんだったし、「宇田川の禁断の多数決X」というライブは彼を中心に進行していた。

「禁断の多数決」というグループの映像と音楽の指揮を執っているのは彼だし、「リーダー」「マンションの管理人」というような禁断の多数決における彼の位置づけをあのステージのセットが目に見える形で表しているよう。

 

もう一つ思ったことがあって、DJブースが高いからステージの女の子たちに注目すると、DJブースにいて一番グループに貢献しているほうのきさんは視界に入らなくなる。初めて禁断の多数決を知った時の自分を思い出すんだよな。最初に目にするのはメンバーの女の子やフィーチャリングで参加している女の子たちで、その背後の「マンションの管理人」であるほうのきさんにまで考えが及ばない感じ。

 

「宇田川の禁断の多数決X」のステージセットは「禁断の多数決における、表象としての女の子と、ほうのきかずなり」という関係性そのものだったのでは。

f:id:kota682:20170317181804j:plain

 

 

 

ライブの名前にもなっている「X」だけど、これには「未知」って意味があるのですが、まさにこのグループにふさわしいアルファベットだと思った。

音源を追っていても、まだまだ禁断の多数決については知らないことがあるし、これから彼らがどうなっていくかは本当に想像も分からない。

でもライブ終わった後に「ああ、本当にこのグループ好きだ」という気持ちになったのは事実で。このままそれぞれの活動をしつつ、たまにこうして「マンションの住人」たちが集まってライブやってほしいと僕は強く願うばかりだ。

こう思うのはやっぱり僕がアイドルを好きだからか。「アイドルは本当に素晴らしい(語彙が死んでいて申し訳ない)」と思う反面、アイドルというのは一般的にメンバーがその活動以外の諸々を捨てて活動するような側面がある。それはアイドルと切り離した一人の人間としてどうなの、みたいなことを思うこともある。これについては多種多様な考え方があって議論してもし尽くせる話じゃないからしません。

だから解散や卒業の類の話を見聞きすると、メンバーやそのファンの気持ちを考えると複雑な感情になる。その中で、中村ちひろさんの「禁断の多数決」観である

禁断の多数決とはなんぞやというのを聞かれた際、一言で「マンション」と表現してます。 ほうのきさんが管理人で、他のメンバーがそれぞれ禁断の多数決というマンションの住人。入居審査はあるけど、入る時期や出て行く時期もバラバラで、中に入ったらなにをやってもオッケー。たまにみんなで集まってお酒飲もうねという感じです。

禁断の多数決 - 連絡帳

 というのは自分にとって一つのユートピアである感じがする。

どんな形になろうが、禁断の多数決の音源も追っていくしライブは駆けつけたいな。チェキの時にほうのきさんに「またライブやるから来てね」みたいなこと言われたので、次のライブに期待せずにはいられないな。

広島でやったらほげちゃんも喜ぶし、パンパンの会場もいいけど、もっと体動かして踊りたいし、遠征もいいな。 

 

 

 

「禁断の多数決の”あの”WWWXでのライブ行ったよ」って人に自慢しますので、無理のないようなペースで活動していってほしい。

 

2017年3月16日、めちゃくちゃ楽しかったよ。

「宇田川の禁断の多数決X」に関わった方々、本当にありがとうございました。